文章素材配布サイト

文章素材集

火星人

六星占術は今、大ブームを迎えていますよね。六星占術に関する書籍はベストセラーになり、テレビでは六星占術に関する番組が軒並み高視聴率をたたき出しています。六星占術によると、人間は大きく6つのタイプに分けられます。その中でも火星人は、少し変わったタイプの人間といえるでしょう。

火星人プラスと火星人マイナス

同じ火星人でも、生まれ年によってプラス(+)とマイナス(?)に分かれ、占いの結果に影響を及ぼします。子・寅・辰・午・申・戌年生まれの人は火星人プラスに、丑・卯・巳・未・酉・亥年生まれの人は火星人マイナスになるのです。

火星人の性格

六星占術において火星人の性格を分析すると、第一にプライドが高いという特徴があげられます。火星人はいわゆる変わったタイプの人が多く、周囲の人間に中々人柄が理解されづらい傾向にあります。また火星人は人見知りが激しいため、積極的に人と打ち解けることも得意ではありません。加えて火星人には物思いにふけるような思索家タイプが多く、物事をトコトンまで追求して考えなければ気が済まないという傾向もあります。しかし火星人は、ひとたび心を許すと相手をトコトンまで信頼するという、情に厚い面も存在します。心を通わせるまでに時間がかかるけれども、一度打ち解けると一生付き合っていける性格の持ち主が、火星人であると言えるでしょう。

火星人の恋愛傾向

火星人の恋愛傾向は、プラスとマイナスでかなりの差が見られます。火星人マイナスの人は浮気癖があり、しかも何度痛い目にあっても懲りない傾向にあります。プラス・マイナスに関係なく、火星人の好きなタイプはプライドの高い人です。そのため火星人マイナスの人の恋愛による「けが」の程度は、なおさら大きくなってしまうのです。しかし火星人プラスの人にはそのような恋愛傾向がなく、割合に普通の恋愛をする傾向があります。

火星人の結婚運

火星人の結婚運も、プラスとマイナスでかなり差が見られます。総じて火星人プラスの方が、安定した結婚運の持ち主と言えます。火星人のプラスとマイナスそれぞれの結婚運と、相性の良い生まれ年を紹介しますので、参考にしてください。

■火星人の結婚運・プラスの場合

火星人プラスの人の結婚運は、一般的に恵まれています。子供ができてからは、なおさら家庭に落ち着く傾向があるのが、火星人プラスの人の特徴です。なお火星人プラスの人は、戌・子・卯年生まれの人と相性が良いでしょう。

■火星人の結婚運・マイナスの場合

火星人マイナスの人は、結婚運にはあまり恵まれません。もし結婚にこぎつけても、子供に恵まれないなどのトラブルを抱えやすい傾向にあるのが、火星人マイナスの人の特徴です。なお火星人マイナスの人は、亥・丑・辰年生まれの人と相性が良いでしょう。

火星人の相性

火星人は変わった人が多いため、相性がバッチリというタイプの人は中々いません。しかし相性がバッチリとまでは行かなくても、それなりに相性の良いタイプの人は存在します。火星人と相性のあまり良くないタイプの人も紹介しますので、参考にしてください。

■火星人と相性が良いのは・・・

火星人の人は金星人とは、割合に安定した相性を保つでしょう。金星人の持つ明るさや積極性が、火星人にとっては新鮮に感じるためです。また金星人は、火星人が外の世界に視野を広げるキッカケを作ってくれるでしょう。

■火星人と相性が良くないのは・・・

火星人同士だと、お互いの自己主張が激しすぎるため相性があまり良くありません。また、地道な努力家タイプの木星人とも、火星人とはタイプが違いすぎるために、あまり良い相性とは言えません。

火星人の金運

火星人の金運の特徴として、後先考えずにお金を使う傾向が見られる事があげられます。火星人は典型的な衝動買いタイプなのですが、同時に飽きっぽいという性分もあるため、すぐに新しいものが欲しくなるという、困った一面を持ち合わせています。加えて火星人は貯金が苦手なので、よく言えば豪快な、わるく言えば計画性のない金銭感覚の持ち主と言えます。

火星人の才能

火星人は独特の才能・センスを持っているので、芸術家や小説家などのクリエイティブな職業が向いています。また喫茶店やスナックの経営にも、優れた才能があります。火星人は時代の流れを捉える感覚にも優れているため、雑誌の編集者やアパレル関係の仕事にも適正があります。また火星人は、本人のモチベーションの高さが仕事の成績に直結しやすく、プロ意識も非常に強いため、ツボにはまればその道で大成するでしょう。

火星人のラッキーアイテム

火星人のラッキーアイテムは、アンティーク物や本・音楽などです。火星人のラッキーカラーは青・黒・黄色です。反対に赤系統の色は、せっかくの幸運をのがします。また火星人のラッキースポットは、マンションやホテル・美術館などです。火星人は物事を深く考えすぎる傾向があるため、ストレスを抱えやすいという特徴があります。そのため内臓のトラブルには、特に気をつけましょう。

火星人としての自分を受け入れましょう!

火星人に限らずどんな人でも、それぞれ短所や長所を必ず抱えています。そのような短所や長所が、総合的に個性を形成しているのです。ですから六星占術による火星人の診断結果が、自分の思うような(目指すような)人格とかけ離れていても、クヨクヨせずにそれをバネにするぐらいの心構えが必要です。火星人の短所や長所をよく理解した上で、それらを人生に役立てていくのが、六星占術の健全な利用法なのです。

, , , , , , , , , , , , , , , , ,